わたしの山日記
 
越後の百名山
平ケ岳 登頂
2006.8.25(金)〜26(土) 1泊2日

◆投稿者:大熊 浩子
健常者のみにしか入れなかった憧れの山、平ケ岳
中ノ岐林道からの入山は短縮コースと言われているが、平ケ岳に立てることの喜びは同じだ。
1日目は銀山平のロッジ樹湖里に宿泊。越後の山々に抱かれたログハウスは村の別世界のようなところでした。
明日の出発は早朝4時ということで窓辺に映る満天の星を見ながら眠りにつく。
◆8月25日(金)
前泊地の銀山平温泉は越後の豊かな山々に抱かれたさながら仙境のような素晴らしい場所でした。
新しい大きなログハウスを男女別に1棟づつ貸切で使用する。窓いっぱいに悪沢岳と越後駒ケ岳の深い緑の山々が広がる。静かな静寂の一夜を贅沢に楽しむことができた。

民宿「樹古里」にて
◆8月26日(土)
4:00 あたりはまだ真っ暗。宿のご主人の案内で出発。林道ゲートに入る。ここからの約1時間30分の道は舗装されていない悪路。薄明かりの中で見た周りは道幅ぎりぎりの絶壁で、思わず顔を伏せる。
5:16 登山口着水場とトイレの置かれたこの場所で、民宿「樹古里」のご主人は私たちの帰りを待つ。
5:30 出発道が短縮されたとは言え、地図を見るとかなりの直登だ。楽ではない。数分歩くと川が広がる。木の橋が渡されており難なく渡ることが出来た。すぐに登りになる。道はかなり整備されていて、思ったよりも歩き易い。足元には赤紫の実をつけた花々がたくさん。もう夏の花は終わってしまったようだ。
5:40 急登 振り返ると駐車場が小さく見える。かなり高度を稼いだ。
6:00 切り株のところで朝食。ぶな、シラソビ、松、みんな大きい木だ。
6:25 友人の鈴木さんが持ってくるハショウガはいつも新鮮でおいしい〜〜
7:00 休憩。ツルアリドウシという花を見つけた。清楚な白い花が2つついている。始めてみる花だ。雲海の中に越後の山々が見える。まだまだ雪渓も残る。風が心地よい。
8:10 木道に出る。湿原が大きく広がりすぐに燧ケ岳が目に入る。双耳峰のこの山はどこから見てもわかる。
地塘の周りにはモウセンゴケが赤く色付いている。


玉子石分岐にて
8:35 テント場に荷物を置き、平ケ岳を目指す。雪解けの土から植物たちが勢い良く伸びている。ハクサンコザクラの可憐な花が疲れを忘れさせる。花々が群生する水場を通り抜けた木道の先の右手奥に平ケ岳の三角点が立つ。意外な頂上の場所だ。
9:00 頂上にて記念撮影。憧れの山にやっと立てた。雲が切れて360°の展望。越後、会津の山々が見える。秋風が吹く。湿原に咲く花は、キリンソウ、キンコウカ、モウセンゴケ、リンドウ、紅葉も間もなくだろう。
9:20 頂上を後にする。
9:40 テント場には私たちだけ。
10:15 玉子石への分岐のその奥に行くと湿原に地塘が多く点在する場所が広がる。玉子石とあわせての絶好のカメラポイントだ。
11:00〜:10 休憩 近くに雪渓が残る。
12:45 登山口着
明るくなって見た林道の景色はスリル満点の絶壁だった。川の岩盤を流れる瑠璃色の水の美しさと滑滝と絶壁から落ちるたくさんの滝の数に驚き、感動の連続!手付かずの自然がここにあった。ここに踏み入れられたことに感謝し平ケ岳を後にする。
13:40 ゲートを出る。
13:55 ログハウスの里の白銀の湯で疲れを癒す。最高の幸せ!
15:10 帰路に着く。
総勢15人の仲間たちとの山旅は本当に楽しいひとときでした。
久しぶりの再開を喜びいつまでも語っていたかった山の話、ロッジでの思い出は私の宝物。
またいつか。。。どこかの山での再会を〜〜!
すばらしい山旅をありがとうございました。