わたしの山日記
 
花の山旅
加賀白山登頂

2007.7.30(火)〜8.1(木) 2泊 3日

◆投稿者:谷沢 美智子様
花がいっぱいの「白山」に魅了されて、このツアーに参加しました。リーダーを含め15名のメンバーは、偶然にも全員が顔見知りでした。
◆7月 30日(火) 雨のち晴れ
700に結城を出発し、関越から上信越に入った頃には、前線の影響でどしゃぶりの雨。長野を過ぎた頃には天気も回復して来たので、ひと安心。白川郷に着いたのが1600

合掌造りを1時間くらい散策して今日の宿の白川荘へ。
130年の合掌造りの民宿で、飛騨牛に舌鼓を打ちビールで乾杯。夕食も盛上がりましたが、適当な所で明日に備えて早めの就寝。
◆7月 31日(水)  快晴

4時起床。朝食は宿でおにぎりを作ってもらい500バスに乗り込む。40分で大白川登山口に到着。天気は快晴。

各々準備体操をして600出発。今日の標高差は1472m。

一抹の不安が頭をよぎる。急登が続き高度がグングン上がる。リーダーがゆっくりと歩を進めてくれるので、疲労感はない。エメラルドグリーンの白水湖を眼下に望み、振り返ると御岳山,乗鞍岳が遠くに見える。
前方に残雪の御前峰が見えてきた。今日の目的地はあの頂上だと思うと勇気がわいてきた。ダケカンバの大木の樹皮の白さが、青空に映えて美しい。
カンクラ雪渓を越えたあたりから、高山植物が出迎えてくれた。ハクサンフウロ、イブキトラノオ、ヨツバシオガマ、キヌガサソウコバイケイソウ、テガタチドリ etc ・・・・クロユリが可憐な姿で咲いている。
長い階段を登って行くと室堂の赤い屋根が見えた。1140 室堂着。山小屋に荷物を置いて、御前峰に向かう。鳥居をくぐり、整備された登山道を登って行くとお花畑が続く。
室堂から40分で頂上に立つ。少しガスが出てきたけれど眺望は良い。池めぐりをしながらゆっくりと花を眺めて室堂に。
途中、黒ユリとハクサンコザクラの大群落。思う存分に写真を撮りまくる。室堂に戻ったのが1500になってしまった。夕食前に外のテーブルで小宴会。地元の家族連れと話しが弾む。
夕食後は、美しい夕日を見て明日もお天気であることを祈る。遠くに日本海がキラキラ光っていた。
◆8月 1日(水) 晴れ
夜中にレインウエアを着て寒さを凌ぎながら、満天の星空を堪能した。夏の大三角、さそり座、うしかい座、いて座、おとめ座、カシオペア天の川は月明かりが邪魔をして見られなかった。今朝も400起床。そして快晴。
日の出を見てから朝食のお弁当をリュックに詰め込んで室堂を545出発。風が冷たいのでフリース、手袋着用。北アルプスの稜線がハッキリ見え 穂高、槍、劔 の姿がわかる。

カンクラ雪渓の近くで小鳥のさえずりを聞きながら朝御飯を食べる。
白山も花のピーク時なのか、行き交う登山者が多い。樹林帯に入り、白水湖が見えてきた。登山口に910着。
風呂セットを持って50m先の露天風呂へ。下山してすぐにお風呂に入れるなんて、初めての経験。2日間の汗を流し気分爽快でした。
そして風呂上りの冷えたスイカの美味しかったこと。途中、白水の滝を見学し、道の駅で昼食をとり平湯バスターミナルへ。
途中別のネイチャーツアーズのバスと合流して、リーダーとメンバー2名が乗鞍岳ツアーに移動。私たち12人のメンバーは結城に直行。1930着。今回の山行は沢山の花と素晴らしい天気に恵まれてラッキーでした。皆様、お世話になりました。